タダシップ20mgの愛情

タダシップの使用上の注意について

タダシップは、副作用が弱く個人差はあるとは言えほかのED治療薬よりも副作用が出にくいです。

しかし、薬は薬なので当然併用することができない人もいれば体の相性によっては使うことそのものを控えたりする必要があったり、行動に多少の制限をかけたほうがいい場合もありますので注意しましょう。

お酒が弱い人は注意して

タダシップは、基本的に適量であればアルコールの影響をあまり受けることはないのですが、お酒の弱い人はできるだけ飲まないことがいいでしょう。

というのも、このED治療薬は血管拡張の効果があるものなのですがアルコールにも同様の効果があるのです。

だから、同時に服用すると血管が拡張しすぎ血流がよくなったせいでアルコールの巡りまでよくなってしまうことがあるんですね。

だから、お酒が弱い人はお酒を飲まないか飲むにしても普段よりも少なめにするなどして、アルコールが強くまわりすぎないように注意をする必要があります。

そもそも、アルコールは平常時の人でさえ性的快感や性的刺激を感じにくくなるなど、鈍くなってしまいますので勃起しなかったりなかなかイケない原因にもなりますからね。

育毛剤使用中の人も気をつけて

全然関係ないことのように思えるかもしれませんが、育毛剤の中でもミノキシジルタブレットというものを利用している人は併用せずに時間を分けるなどして同時に服用しないようにすることが必要です。

この、ミノキシジルタブレットもED治療薬と同様にやはり血管を拡張させて血流を良くする効果がありますので、やはり許容量を超えた効果が出てしまう可能性があるので同時に服用するのはあまりよくないですね。

タブレット形式はもちろん、頭皮に直接塗るようなものもやはり同様の成分が入っているものの同時使用は避けたほうがいいでしょう。

ただ、フィナステリドなどの成分は血管を拡張するという効果はありませんので、こちらの場合は使用している時も服用しても問題ありません。

他のED治療薬と同様のNG

そして、やはり心臓疾患を持っていたりその治療中の人や腎臓や肝臓などの機能に障害がある人もやはり服用は危険です。
好ましい状態でない場合は、医師に必ず診断してもらってから指導を受けるようにしましょう。

Scroll To Top